UNIRRY

WEBデザインとホロスコープと宇宙のブログ

高千穂旅行にいってきた。雲海、ご来光、真名井の滝、おんたまつり♪

takachi001

雲海がみたくて高千穂へひとり旅してきました。高千穂の滝も撮りないなと思って。しばらくこんな遠出はできないですからね。思った通り、きれいなシーンにいっぱい出会えました^^

朝一の飛行機+高速バスたかちほ号で高千穂には昼過ぎに到着しました。まちなか案内所で情報収集しながら適当に食べ物買って休憩しつつ、まずはちょっと遠いとこにある天岩戸神社へ向かいます。ここは初日に行っとこうと考えていたんです。岩戸へは、行きはバス帰りはタクシーが普通みたいですが、時間の都合上、行きはタクシー帰りはバスで行くことに。レンタサイクルで行くのはたぶん無謀ですね。しかも一日使用であればタクシー片道代とそうかわらないし。チャリだと40分かかるんだって^○^やめとこって思った。

takachi002

天岩戸神社西本宮。このへんの川のせせらぎやら、天気やらがすごく気持ちがよく、すがすがしい気に満ちてました。受付で案内を頼むと、有名な天照大神の岩戸隠れの神話について地形と一緒に説明を受けれます。せっかくなので聞く事に。聞いてみたら、なるほど!と思ってはいるのに、なぜかぜんぜん頭にはいってきません。案内される場所は写真NGで撮ってません。

takachi003

その後、天安河原へ。いったん道路にでてから川の方へ下っていきます。ちょっとした食べ物屋が並んでます。観光地っぽい^^

takachi004

この川縁らへんすごく気持ちいい感じです。日曜日だったので観光客も多いしぜんぜん恐くないです。ずんずん突き進むと、橋をわたって天安河原に到着します。

takachi005

天安河原の中から撮った写真。積み重なった石はみんなの願い事の石でそこらじゅうに。霊感とかまったくないのでなにも感じませんが、空気的になんだか圧迫されました。暗いのと、閉鎖されているような雰囲気なのと、人が積んだ石がたくさんある感じが、なんとも言えない空気放ってます。

takachi006

これが有名な・・・こわっ!観光客がいっぱいいてよかったなーと思います。ここに人が大勢いなくて、ひとりで夕方暗くなりかけとかだったらちょっとこわいかもしれん。

takachi007

その後、東本宮へ。天細女命(うずめちゃん)がぴよっとしたポーズで待ち構えています。木のとなりの、絶妙かつ微妙な位置に。

takachi008

東本宮はスッとした緊張感のある空気でした。こんなに空気感違うもんなんだーと思った。緑もきれいで。人がほとんどいなかったです。西本宮はあんなにいたのにあんまりこっちには来ないのかな。鳥居が緑くていい感じでした。

takachi009

鳥居の奥。すごく落ち着いてる感じ。晴れててよかった!すごくきれいに写る!写真はいいけど、せっかく天岩戸神社にきたのに、全然神話の神々の名前が頭にはいってこないのはずっとでしたが!岩戸からバスセンターにもどるときも、地元のおばあちゃんが高千穂の神話が詳しく乗ってる雑誌をくれて、すみずみ読んだのに、登場人物が多すぎて神々の名前がぜんぜん頭にはいってこないんだよね!!

takachi010

その後、高千穂バスセンターまで戻って、高千穂神社へ。実は、10月27日は「音玉」(音玉つり)が開催される日で、灯籠がつけられるとネットで見たのでいい感じの写真撮れる気がすると思って狙って来たんです。アコースティックバンドとかがきて、高千穂神社でライブするんですね。

takachi011

このあと灯籠をつける作業にいそしむことに。

takachi012

きれいきれい〜。みんなチャッカマン配られて思い思いに散らばって灯籠に火をつけていく流れに突然なったんですが、各々それなりの間隔をおいてつけようとするじゃないですか。そこで、二人で来ている人はいいとして、私はひとりだったので、あれwこの一角ひとりで全部つけるの?苦行www、と最初思いました。他の人がさりげなく来てくれたので助かりました。

takachi013

音玉つりのステージ裏の灯籠。ここもすごくきれいだった。裏側までそこかしこに。この灯籠は高千穂高校美術部が作ったらしい。

takachi014

夫婦杉のまわりもこんな感じに。わ〜。

takachi015

おんたま中、焼き鳥とおしるこやってたのでバンドを聞きながら食べた。そしてどんどん冷え込んでいく高千穂。高千穂の夜、予想以上に寒かったです。もともと神話のためではなく、写真のために来たので、寒さに耐えかねて夜神楽を観ずにホテルへ(そんな観光の仕方wwwって自分でも思うw)。見る気になったら見ようと思ってたし、途中まで見る気だったんだけど、神話の神々の名前がぜんぜん覚えれなくて、唯一覚えたうずめちゃんも夜神楽では能面みたいになるとか寒いし暗いし徒歩だしな・・・!と思って。なんか街中では子供達がハロウィンもやってた。

takachi016

次の日の早朝5時45分。国見ヶ丘で撮った写真。雲海!と人!これが雲海!徒歩によるひとり旅ですが、さすがにここだけは現地ツアーに申し込んだ。写真目的の人がちらほらいますね。そう、今回のメインはこれ!

takachi017

観光タクシーのおじちゃんが語り部の方だったので、私にたくさん神話を教えてくれました。なのに登場人物の名前が複雑すぎてやっぱり神話がむずかしすぎる!!!右側のさきっちょに神様の誰かが降りられたんだけど、こんな雲海につつまれてて国を治めるどころじゃないから、っていう展開で、そこで道案内をしたのが道・祖・神、って話だったと思う。そういえば、遠くに比叡山がみれることもあるんだって。あれ、ということは、ここも、レイラインなんじゃないの?^^そっちのが気になるよおじちゃん!

takachi018

国見ヶ丘の先のほう、幻想的な感じです。

takachi019

日がでてきた・・・炎みたいですね。炎っていうか命みたいですね。ぷえ。

takachi020

完全に日があがった。あたりが明かりにつつまれます。この雲海、国見ヶ丘自体が霧に包まれるから、国見ヶ丘の霧が晴れた瞬間に記念撮影は撮るといいらしいよ!そうじゃないとぼやけるらしい。語り部のおじちゃんは、前はカメラをやってたらしくて、記念写真をいっぱい撮ってくれました。ほかの人のもみんな撮ってあげてて、しまいには、「撮影専門の人きてくれてるんやね、見た目はタクシーの人やけど」とか言われてました。あのおじちゃん呼んだのは私wwwでも私も写真撮りにきてるから、勝手に撮りに歩いて放置。おじちゃんがいることであそこにいたみんなちゃんと記念撮影とれたと思う。おじちゃん的に今記念写真のベストタイミング!と判断したらすごい大きい声で名前呼んでくるから目立った。でも神写真撮ってくれたんです。のせないけど。ありがとうおじちゃん!!

takachi021

雲海が見れて、来て良かったーーって思いました。やっぱり日があがる瞬間はじわっと感動します。

takachi022

ホテルで二度寝してたら9時になってたので(w)、チェックアウトして再出発。高千穂峡に行く前に、昨日いった高千穂神社にもう一度寄り道です。夫婦杉をちゃんと撮りたかったんですね。お参りも。

takachi023

あと、夫婦杉よりも大きい杉も。

takachi024

そして高千穂峡へ。徒歩でいけます。思ったよりも近いです。登山なんだこれは、と思えば余裕でつきます。午前中で平日だったけど、思ったよりも人がいました。

takachi025

これだよこれー!真名井の滝。ただし台風後で、乗り場自体が浸水していたのでボートは乗れませんでした。しょぼん。。滝の撮影ポイントは、3カ所くらいあったと思います。遊歩道のところで近くからと、遠くからと、あと、遊歩道じゃなくて橋の上から。これは橋の穴から撮ったやつです。滝が二本はいって、いい感じに。観光雑誌とかでのってる角度な気がする。

takachi026

おのころ茶屋。高千穂でご飯を食べるなら、この高千穂峡あたりが一番お店あります。バスセンターまわりはほんと何もない。

takachi027

うどんがおいしかった!この肉も。なにより汁が。入れ物も風情があるよね。一休みになりました。このあとあららぎ乃茶屋もいってみたけど、開いてなかった。ふる里茶房はいきそびれた。。

takachi028

その後、ひたすら歩いて荒立神社へ。これは登山なんだ、と思えば余裕です。なんか新しい感じだった。改築したのかな。

takachi029

そして、くしふる神社へ。荒立神社の巫女さんから教えてもらったくしふる神社への道のりが、クモの巣とかすごい険しすぎでした。4個くらいクモの巣退治して進んだのですが、ちょっとこれマジで?と思い始めたその先で、道の舗装がなくなり、道幅も80センチないくらいになってたので、この先何個クモの巣が待ち構えてるかわかんないこれは無理!!と断念。クモの巣アドベンチャー終了。普通に道路沿いでいったほうがよかった。なぜあの巫女さんは私にそんな道を教えたんだろうwwそんなことしてたら足が疲労しまくったので、最後に行こうと思っていた高千穂温泉へバスで直行。冷泉を加熱しているらしいです。足が休まってきもちよかった。露天風呂は、露天風呂にみせかけて露天ジャグジーだよ^^^^^

takachi030

その後バスセンターにもどって、16時半発熊本行きバスまで残り一時間、あとは近場でカフェオレ飲んでゆっくりしたい、と思い、お店探ししました。というのも、バスセンターまわりは酒屋とパーマ屋ばかりなので、カフェをやってるお店で、しかも開いているお店っていうのがほんとにありません。Googleマップも頼りになりません。歩いて探すしかないんです。そこで唯一見つけたのが「棚田食堂」。

takachi031

隙間から刑事ばりに店内をみたら、国籍の違う先客がいて(スイスかららしい)、おしゃれな店内だったのでここで決定。ここにたどり着くまでに、おばあちゃんが寝てるコーヒー屋とか、かなやのほうの松のパンとか、うろうろしました。バスセンターまわりでこんなおしゃれ系の店たぶん棚田食堂しかない。昼食もやってるらしく、高千穂にはないと思っていたけどあったおしゃれな飲食店でした。メニューになかったのにカフェオレも作ってくれたりと(カフェオレが飲みたいとかほざいたら)。あーー高千穂のあのあたりでカフェオレが飲めるとはほんと思わなかった、ほんとありがとう!!

しかしですが、このお店、11月で閉めるらしいです・・・!えぇーー><閉めるのが惜しいらしく。店内のインテリアも全部手作りだそうで。私も続けてほしい・・・!ここがなくなったらバターチキンカレー食べれる場所もお茶できる場所もなくなります、誰が高千穂の拠点の発展をすすめるんですか?!神様の名前は何一つ覚えられませんでしたけど、ここが思った以上に神々の里だっていうのはすごく感じました!ここが神々の里であるならば、自由が丘や鎌倉みたいに、ちょっと癒されるおしゃれなカフェや飲食店がもっとあっていいんじゃないかなと思います!

そんなこんなで、高千穂いって、雲海とかご来光とか滝もみれて、目的はすべてはたした。よかったよかった。めでたしめでたし。


horoscope

“sozatu” animation!! >>    animation1   |   animation2   |   animation3