UNIRRY

WEBデザインとホロスコープと宇宙のブログ

ぱ〜っと石垣島に行ってきた。島ってすばらしい!

ishigaki0

弾丸で石垣島にいってきました〜。わぁーい、いってみたかったんですよね。冷静にレポします。

飛行機乗り継ぎ1回でいったのですが、乗り換えだとかで羽田9時発でホテルに14時ぐらいに着きました。飛行機自体はわずか3時間ほどで早かった印象です。ホテルはチューリップさんにしたのですが、なんと無料でチャリ貸し出ししています。空港までの送迎も無料です。夕飯は何時までか一応聞いてみたところ、サイトでは21時半と書いてあったはずですが、23時までやってます、とわりと崩壊しているもようです。

ishigaki11

着いたら早速、無料のチャリに乗って、有名らしいバナナカフェとやらに行ってみました。なにやら小さい観光客が写りこんでしまいましたね。市街地まではホテルからすぐで、しかもかなり栄えてました。なんでもお店があって便利そうです。お店があるのは市街地のみですが、石垣島って全然田舎じゃないんですね。湘南だか、下北だかという印象です。島なのに屋久島とは違いますね。

ishigaki1

その後、夕方から念願のシーカヤックへ。これは青の洞窟までカヤックで行って撮った写真。石垣島の青の洞窟は、米原ビーチにあって東シナ海側になります。このあたりは、市街地から離れているので、まわりに集落ぐらいしか無く、あとはサトウキビは竹ばかりで星がきれいに見えるらしいです。米原ビーチ近辺はキャンプ場にもなっているみたいでした。この青の洞窟は、夕方よりも昼間のほうが潮の関係で青く見えるらしいです。シュノーケリングもしたのですが、米原ビーチは海はすごく透明度高かったです。

ishigaki2

サンセットツアーなので、夕日をみながらの、のんびりカヤック。とはいえシーカヤックなので、波があってさぼっていると勝手に流されます。向かってくるおおきめの波に乗って漕ぐという新しい乗り方にも挑戦してみました。やっぱりカヤックはいいね!

ishigaki3

2日目は、太平洋側へ。まずは幻の島。潮の関係で、海の真ん中に現れる浜です。ものすごい海がきれいでした。もっといたかったです。もっと浮かんで泳いでいたかったです。もう一回ここに行きたいです。今度は1時間はいたい。空と雲と海と浜しかないし(ただ観光で人がいっぱいいた)、透明度も最高でした。

ishigaki4

珊瑚。この後ろの透明度わかるでしょうか。

ishigaki5

その後は、小浜島の方向に移動して、シュノーケリングにいそしみました。ニモ。石垣島にはニモがいっぱいいました。台風後だったからか、太平洋の海は少し濁っていました。シュノーケリング後のカレーは、ただの普通のカレーなのに、なぜか最高においしかったです。

ishigaki6

シュノーケリングには十分満足したので、半日でツアーを切り上げて、午後は無駄にフサキビーチまで出かけてみました。車で15分、徒歩で1時間25分らしいです。これならチャリで余裕だと判断した私たちでしたが、入り口がなんとホテル内だったことで迷い、チャリでも50分かかりました。

でも見てください。これが、フサキビーチの名所、夕暮れ時の橋です!!

ishigaki7

ishigaki8

この写真を撮るために、あんなに苦労してここまできたんだ!もっと撮ればよかった!!着いた時は、汗だらだらでビーチも狭かったので入る気もしなく、プールぎわで、ものすごいダラダラして過ごしましたが。浮き輪がなければ泳げもしないので。ただ、この夕暮れ時がみれてよかったな〜と思います。

ishigaki9

石垣島は遊びどころもたくさんありましたが、おいしい食も満載でいっぱい食べました。石垣牛やマグロなどなど。あと、パッションフルーツのヨーグルトとかも。ちょっとした道でも椅子が設置されていて、すぐ立ち寄ってその場で食べれる優しい環境づくりが徹底されていましたね。ふふ。

あとはあれですね、屋久島はガイドがみんな屋久島を愛してる感じが伝わってきたのですが、石垣の人はシャイなのか本気なのか「一周間であきるよ」とか言ってくる淡々としてる印象でした笑。旅っていいな〜、またどこか島に行きたい!


horoscope

“sozatu” animation!! >>    animation1   |   animation2   |   animation3