UNIRRY

WEBデザインとホロスコープと宇宙のブログ

ホロスコープのおひつじサインに関する象意と惑星考察

ohituji

おひつじサインに関する象意を記載していきます。サインの意味するところは、基本要素を踏まえて、その時々の惑星位置やアスペクトと兼ね合わせ、解釈を膨らましていくものです。

基本的な象意

12サインの一番目

12サイン中1番目のサインなので数秘学の1の持つ意味があてはまります。開始、発祥、独立、自立、創造などです。1番ということは、この人はなにかの創始者です。つまりリーダーシップも意味します。1という数字をもつこのサインは、ある意味で単純明快です。

2区分

サインを男性女性と2区分した場合、男性サインにあたります。男性サインなので、外向的、能動的な性質をもちます。

3区分

サインを活動不動柔軟の3区分した場合、活動サインにあたります。名前のとおり、活動的、自発的な性質をもちます。自発的に活動しようとするので、スタートを切る気持ちが強く、指導者や開拓者などのイメージがあてはまります。同じ活動サインとしては、蟹、天秤、山羊も同じ性質があてはまります。

4区分

サインを火水風土の4区分した場合(世界を構築する4大元素の割り当てです)、火のサインにあたります。火はたちのぼる力を表すので、情熱的で直感的な性質をもちます。なんとなくこっちのほうがいいと思ったから、とか、やるなら今がベストな気がする、など、直感的判断をしたのにそれがなかなか正しかった、ということはこの火のサインが得意とするところです。
同じ火のサインとしては、獅子、射手もこの性質があてはまります。

支配星

支配星は火星です。火星の意味する、戦いや競争など「物事を活性化させる闘争的な性質」を受けとっています。

身体

身体で対応する箇所は、頭、顔、頭脳です。ひつじの一番目立つ頭角から対応されるとされています。

キーワード

キーワードは「I am」=『私は、存在する』。存在することを純粋に肯定している存在発祥のワードです。

おひつじ座で最も明るい恒星

ハマル

まとめ

これらの基本象意が、おひつじサインがしめす性質です。性質なのでとても断片的になります。この基本象意だけでは解釈することができません。これに惑星や感受点の位置をつなぎあわせ、それらがアスペクトをとったり、どのハウスのカプスがきたりするかで、やっと具体的な解釈を進めていくことができます。

惑星が位置した場合の解釈

具体的な解釈の一例として、それぞれの惑星が位置している場合の“断片的な”解釈の例を以下に記載します。

※注意点※

断片的な解釈になるのは、この惑星がおひつじサインに位置しているからというたったひとつだけで、絶対的な解釈にはならないからです。理由は主に2つで、ひとつは、ホロスコープ全体を見たときに、この配置の意味する性質がほかの要素も含めて全体でみると表にでてきにくくなっている、または違う形で表現される場合がある、ということと、もうひとつは心理学的なもので、人は必ず、後天的に派生したエゴや痛みによって、もともとの性質に『ゆがみ』がうまれてしまうものだからです。

ある人物や自分自身をちゃんと解釈するには、ホロスコープ全体と後天的な影響の両方をみながら考えていく必要があります。いわば、ホロスコープのみで読み取れるものは、その人の生まれ持った可能性や人生の地図、本来の写し鏡というだけで、そこから現在まででどのような道を辿って、それによりどのような後天的傾向がうまれたか、現在の課題について今の状態からどうやってアプローチしていくべきかは、本人か、もしくはしっかり話を聞いたり様子を見ない限り、みえてこないということです。それでも、自分で自分のことすらわかっていない面が多くあるものなので、ホロスコープをとおして、うまれもった可能性や本来の自分自信を深くみつめることは、後天的な傾向が肉付けされていたとしても、気づきのきっかけにとても役立ちます。

太陽がおひつじサインに位置する場合(おひつじ座生まれの人)

・独立心が旺盛で、なにかの開拓者や第一人者、権威者、指導者としての方向性をめざすことになります。まったくそんな風でなくても、志はそういった方向をみています。
・存在していることを、自分の生命自体をどんな時でも肯定しているのでバイタリティがあります。支配星にあたる火星の力も受けて、チャレンジングで競争する気持ちも強く、くじけることが少ないです。そして、そんな風で在りたいとも思っているからなので、その分実力がまだない時期はけっこうがんばっています。
・自分で自分を肯定できる人なので存在感があります。どんと構えているような風格を漂わす人もいます。自分自身が存在自体を肯定して生きているので、例えばまわりに少し変な人がいたとしても、それはそれで本人がいいならいいじゃないかと思える人です。自分に関心があって、周りの人に関心をむけていない面をもつので放置することができます。自分に関心があるという点においては、時に見栄っ張りです。

月がおひつじサインに位置する場合

・感情の起伏やゆさぶりが激しい面があります。感情エネルギーが強いので嫌なことがあるとすぐカッとします。白か黒か、好きか嫌いか心の中ではっきりしている人です。それらをはっきり感じることに(ホロスコープ全体で外向的であれば表現することにも)悪気をまったく感じません。だってこの気持ちの存在は確かなのだ、という風です。とても正直で素直です。自分の感情を肯定する面がいきすぎた場合、または、周りに自身の感情を全面否定される場合などは、排他的になったり、意固地になったりしやすくなります。
・母親がとても頼りになる存在だった可能性があります。月は母親や妻などの女性をしめしているので、背中を押してくれるような母親像、または嫁像、妻像が自身の中に内在しています。
・幼少期は本能のままに野生的に過ごしてきた場合があります。幼少期の生き方は潜在的なものなので、大人になっても本能のまま過ごせると自分のなかの潜在的な子供の面が癒されます。

水星がおひつじサインに位置する場合

・これを知っていると他者からみて栄えると思えるもの(身体対応の「顔」の面ですね)に対して、知識欲や学習意欲が旺盛です。これから流行りそうな独創的なものに対しての認知欲が強く、そういったものに目をつけます。ただしあまり深い考えはなく飛びつくのであきるのも早いです。

金星がおひつじサインに位置する場合

・これを所持していると他者からみてよく見えるというようなモノや人にセンスを感じて惹かれます。ただしこの人が、美しい、センスあると感じるものは、開拓気質が含まれていることがあるので、独創的であったりと、他者からみてみんながみんな良いね!と思うものではないかもしれません。個性の強いものを好む人です。
・金星はその人の中のアニマ(=その人に内在する女性性)をしめします。活発でスタートダッシュ力のある新鮮、無邪気かつ元気、見た目も素敵なアニマを自分のなかの勝手な理想としています。

火星がおひつじサインに位置する場合

・この場合、火星は支配星をもつサインで居心地がいいのでパワーアップしています。かなりのせっかちさん、無謀なチャレンジ精神、人並みはずれた活力、自己主張をはっきりする、大胆不敵で荒々しいなど、火星の闘争的な性質が強まります。何かしらに対してアクセル全開でのぞんでいく姿がイメージできます。(どの分野に対してアクセル全開なのかは、ハウスを見る必要があります。自己主張がアクセル全開なのか、仕事に対してアクセル全開なのか、遊びに対してアクセル全開なのか、家庭に対してなのか、サークルに対してなのか・・・といったものです。)
・火星はその人の中のアニムス(=その人に内在する男性性)をしめします。はっきりしている若いリーダーで時に荒々しいぐらいの、見た目も素敵なアニムスを自分のなかの勝手な理想としています。

木星がおひつじサインに位置する場合

・この人は、活発で開拓精神をもった社会をのぞみますし、そういったベンチャー気質の社会ととても馬が合います。またそういった社会でこそ発展性があり不思議と生き残っていけます。
・若い世代や無謀な挑戦に対して寛容で、面白いとさえ思っているので、若い世代から慕われます。自身も多少無謀な挑戦であったとしても、チャレンジしていくことを抑制しないので、その分大きなことを成し遂げられる可能性があります。

土星がおひつじサインに位置する場合

・青年期あたりまでは、自身の荒々しさや気性の激しさに振り回されたり、そういった性質をもつ年長者に目をつけられたり、リーダーとして統率力を発揮することがどうしても苦手だったりするかもしれません。ですが青年期を過ぎて落ち着いてくると、それらを克服し(土星によって克服する機会が青年期に与えられます)、すばらしい統率力を発揮することができます。
・先陣に立ち、社会の上層部で仕切る側にまわった時には、新しい事にチャレンジし、仲間を盛り上げ、みんなをひっぱっていくような姿がイメージできます。例えばそんな場面で、守りの姿勢、現状維持一徹のようになってしまうと、この人の場合歯車がくるっていきますし、力を発揮できません。

天王星がおひつじサインに位置する場合

・「変革」をもたらす天王星とおひつじサインの組み合わせは、とても予測のつかないような改革精神を感じます。おひつじサインの荒々しい面が強く出れば、それは一見危険なやり方による変更になります。純粋なチャレンジ精神が強くでれば、大きな前進や創造につながります。どちらにせよこのふたつのしめすものは、突拍子もないやり方による物事の変革や発明、開拓です。そういった精神がこの人の深いところで燃え上がっている感じです。(土星外惑星は、あまり性格や細かい事象など個人的なものには大きく影響してきません。集団的かつ潜在的な形で個々まで力が流れてきます。)
・2013年は天王星がまさにおひつじサインに位置している最中です。2011年の3月12日におひつじサインに天王星は入りました。そして2019年3月はじめまで、おひつじサインを移動します。その後はおうしサインに天王星は移動していきます。この期間、なにが起こっているでしょうか。アラブの春やいろいろな国の首相選挙が行われたり災害だったり・・・まだ2年しかたっていませんが、この時代を観察することがこの象意をもっと深く理解することにつながっていきます。

海王星がおひつじサインに位置する場合

・「夢」や「理想」を意味する海王星とおひつじサインの組み合わせは、新しく何かをはじめることに大きな夢を描く、という姿がイメージできます。創造すること、発祥することに、大きな夢や幻想をいだくのです。
・海王星は「混沌」もしめします。おひつじサインとの組み合わせで起こりうる危うさとして、おひつじサインの自発的な活動力に、必要ないものや余計なものなどたくさんの事が混ざって、もしくは夢のために大風呂敷を広げすぎて、結果的に力が発揮できなくなる可能性があるということです。進みたいのにあれもこれもやりたくてまとまらなくてなかなか進まない。目標や開始する姿勢がぼやけてしまうことで、最終的には、自分でもなにをしたいのかわからなくなり、思い切ってまったく途中の段階なのに投げ出してしまったり、間違ったほうにスタートをきってしまうなど、行動と考えが一致しないまま、何かをはじめてしまう、という流れです。こうして事態はしだいに混沌と化していく危うさが想像できます。
・混沌としたなかでも、海王星の「幻想」や「夢」という面がおひつじサインの行動力とバランスよく作用して打破できた場合には、思いもよらないほど理想的な展開やスタートへともっていける可能性もあると言えます。自分でもわからないほどにいろいろなものが混ざり合ったことで、ぐちゃぐちゃになりながらも深みを得て、描いていたよりももっと理想的なほうへ進めることができるのです。
・海王星は現在双魚サインを移動中で、2025年の4月におひつじサインに入ります。そこから14年ほどおひつじサインに滞在するので、その期間に、時代の流れや出来事をじっくり観察していくと、この象意をリアルに意識できるかもしれません。もしかしたら、2025年が近づくと、「理想郷の時代がはじまる!」なんて言われ始めるかもしれませんね。あとは、おひつじサインは野性的でもあるので、自然に回帰する的なブームを理想とする人たちが公にでてくるかもしれませんね。過去でいうと、海王星がおひつじサインにあったのは、1861年〜1874年になります。

冥王星がおひつじサインに位置する場合

・冥王星は、1916年にその存在が予想され、1930年に発見されました。まだ発見されてから浅い星です。おまけに2006年には、太陽系外縁天体で冥王星よりも大きいエリスが発見され、冥王星は準惑星と再度改訂されています。公転周期は248年程度で、とんでもなく長く、人の一生がおさまることのない年数です。つまりそれだけ、ホロスコープ上でも読み方が定まっていません。スケールが大きすぎるのもありますし、まだ知見がたまっていません。人の理解を超えているものが冥王星につめこまれています。だからこその「破壊」と「再生」の星なのです。
・冥王星がおひつじサインに入るのは、2068年春になります。今からだと、55年後か、うーん未来過ぎる^^^^^^でもこれから生まれてくる赤ちゃんたちは体験できますね。そして私も長生きすれば体験できるかもしれないですね。私は体験してもいないし82歳とか未来すぎて想像するのがこわいし、今現在冥王星おひつじサインの人は生きていないはずだしであれですが、未来に必ず体験する人がいることだと思ったら、一応イメージしておこうかと思いました。
・冥王星とおひつじサインの組み合わせで起こりうる危うさとしては、おひつじサインの純粋な競争意欲が、冥王星による暴力的な形であらわれる、また、おひつじサインの統率力が、冥王星による支配欲で、独裁的な面が強まってしまう、などが想像できます。未知の力のような、極限の力のような、破壊的な力のような、決して平和なやり方ではない変化の起点が2068年になるのかもしれません。動乱の時がすぎるのを待てば、必ず新しい道が開ける、それを目指してみんなスタートをきっていく、ような感じでしょうか。そして、この配置をもってうまれる人は、自身のなかに、暴力的なやり方でもっても統率しようという支配欲、何かをぶっ壊してでも再生させることができる自信と覚悟を、もってうまれてくるのかもしれません。でもそれまでに、太陽系外縁天体とかオールトの雲あたりの構造ももっと解っているはずだし、天王星とか海王星の移動でいろいろあるだろうから、きっと変わってきますね!


horoscope

“sozatu” animation!! >>    animation1   |   animation2   |   animation3